4月11日〜17日 桂竹紋二ツ目昇進記念 一週間落語

冒頭から振り返りコメントで失礼します

竹紋さんは前座の頃から活ハウスでご出演いただいていた噺家さん^_^

お客様を大切にされる姿勢と芸に向き合う真摯さ、向上していく意欲の高さは真の芸人さんだなーといつも感動を覚えます

二ツ目昇進されてすぐくらいの会話

竹紋さん「二ツ目記念で一週間落語やりたいんです!!」

私「一週間?」

竹紋さん「ずっと夢だったんです!お客様来なくてもやります!!」

凄い夢だな!と思いました

キラキラした夢に私まで便乗させていただいて感謝します。初日からお客様は徐々に増え、つ離れ、大入りと( ◠‿◠ ) ここで新たについてくださったご贔屓さんも連日ご来場 、応援ゲストさんが入ってくださることも含めて全て竹紋さんの実力です  いいものを見させていただきました

勢いのある若手さんの芸は拝見していて清々しく、自分にはなくなってしまっている潔さを思い起こさせてくれます   私もヨロヨロしながらもこういった若手さん達の背中を追いかけながら走り続けて行きたい!そう思わせてもらった一週間でした

東京かわら版4月号にも掲載

以下一週間のふりかえりです

411日 初日

竹紋さんの二つ目になったらやりたいことは一週間落語だったそうです

アナタのやりたいを叶えます!!の

活ハウスでこの夢を叶えていただいたことに心から感謝します

ゲスト演者さんは

春風亭昇市さん

竹紋さんもいつも以上に

テンションあがって

オープニングトークは30分超え

お二人ともさすがプロ!!

ネタに入っても

しゃべるしゃべる!!

エンディングトークまでずっと

引っ張り続け

お客様も笑い続けた二時間

またシワ増えました

初日からこれでは一週間後どうなるんだろう

とにもかくにも

景気よくスタートきりました!!

ここから先もどうぞよろしくお願いいたしますっ

412日 二日目

今日もノリノリの竹紋さん

一人でもよくしゃべる、しゃべる

はじめて

幇間腹 拝見しました

一八はご本人そのもの

楽しかったなー

明日も楽しみです

413日  三日目

本日つ離れ

張り切る竹紋さん

マクラがいつも以上に面白い!!

(ご本人が内容はナイショにして!とのことですので、

現地にいらしてお聞き下さい)

あっためにあっためてからの

元犬

庭蟹

ここで既に8時ちょっと前

仲入り

新聞記事

元犬も新聞記事もサゲがちょっと違っていて新鮮な面白さ

ゲラゲラ笑って

あっというまの1時間半でした

414日 四日目

いよいよど真ん中の日

そろそろ竹紋さんにもお疲れが見える日

と思いきや

強力助っ人 兄弟子の桂笹丸さんが

ゲストで登場

またまた張り切る竹紋さん

オープニングトークはお約束の30

(何を話したかはナイショです、笑)

竹紋さんの一門は

秘伝書

が入門しての一席めだそうで

パワフルな秘伝書を披露

笹丸さん の明烏

でしっとりと

仲入り後

だくだく

で大笑いの後

エンディングトークで

さらに会場わかせてちょうど2時間

終了となりました

連日お越しのお客様もあって

ありがたいかぎりです

415日 五日目

折り返し地点でターン

平日なのに堂々のつ離れ

本日のゲストさん

春風亭昇市さん

賑やかな客席に負けじと

相変わらずオープニングトークから

飛ばしまくるお二方

平林 でまたまた大爆笑

昇市さんの

時そば の所作丁寧さに感嘆のため息

仲入り後

金栗四三伝 でホロっとさせられ

エンディングトーク

お客様との掛け合いも

楽しい五日目でした

416日 六日目

いよいよ残すところ今日を入れて

あと二日!!

本日のゲストは

東雲亭五十鈴。さん

熊本時代からご一緒のお二人

オープ二ングトークも

リラックスムード

客席も

ホッコリムードに包まれて

今日の日差しのような

ほんわか活ハウスでした

明日はいよいよ楽日!!

この一週間の集大成がいよいよここに!!何がでるのか?!

どうぞお楽しみにー

417日 千穐楽

よくやりました!!一週間!!

ずっと走り続けた竹紋さん

お疲れ様でしたー

私も楽しかったー

笑い続けの一週間でした

本日楽日らしく つ離れ

ゲストは柳亭信楽さん

オープニングトークは二人で熊本で行ったお化け屋敷物語

かぼちゃ屋 与太郎さんホントにぴったりのお人柄です

信楽さんの宮戸川はますます磨きがかかって

仲入り後

幇間腹 与太郎もいいけど幇間も捨てがたいなー

最終日らしい華やかに盛り上がった会となりました

竹紋さん!お疲れ様でした!!

また来年!!楽しみにしてまーす(やるのかな?)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP