8月25日 東北弁・六魂福幸寄席 ご報告

こちらは私の第二の故郷 仙台で毎年開催されております会
今年で3回目 300席をすでに1ヶ月前に完売 キャンセル待ちも40越えという人気ぶり
全ては東方落語プロジェクトさんの日頃の活動の賜物

今年は前乗りしましてお墓参りからの初花座


大笑いしながら今後の活ハウスの参考(笑)にさせていただきました
夜はご学友と前夜祭

当日も仙台とは思えない暑さのなか 駆けつけてくださった友人知人に感謝

大学時代からず〜っととてもお世話になっているご夫妻 
「由香ちゃん(私の本名です)ジュース代もらっときなさい」って、
大入りと書いたぽち袋・・涙がこぼれます


山形から駆けつけてくれた高校時代のお友達 客席から「ゆ〜かく〜ん!!」ありがと〜

楽屋も賑やか(女性用もご用意頂いたのですが淋しくて私が乗り込んじゃいました)

ホールまえの長蛇の列に開場を早めてご案内

山形弁の桃太郎 たくさん笑っていただいてありがとうございました

打ち上げも大騒ぎ 声がとどかな〜い

楽しいたのしい二日間 東方落語プロジェクトさん、共演の皆様、そしておきゃくさま皆様に心より感謝いたします ありがとうございました

いつもは凄腕演者さんとしてご活躍のがめらさん(舞台監督)ちょすなちゃん(影アナやら受付やら)ふぁんたさん(舞台設営やら受付やら飲み会のお世話やら)
サポートありがとうございました〜

また来年どうぞよろしくおねがいいいたします〜

関連記事

コメント

    • 高橋一二三
    • 2018年 8月 27日

    自分がやると決めたことに、誠実さと人柄がらがスパイスのように加わることで、人が人を呼び、大きなムーブメントがおこるのだなぁ…とこのたびの六魂復興寄席の記事を拝見して、しみじみ思い、感動しました。
    お疲れ様でした。
    来年は旅行をかねて観に行けたらいいなぁ…

      • katuhouse
      • 2018年 8月 27日

      一二三さん
      いつもありがとうございます
      山形生まれの私にとって仙台は永遠に憧れの地であり、50過ぎた今でも何かワクワクドキドキを秘めた土地なのです。
      その地で高座に上がれる日が来ようとは夢にも思っておりませんでした
      自分の人柄・・なんとも言えませんが、誠実に真っ直ぐ生きているということだけは自信があります
      来年はぜひ!仙台は良い街ですよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP